CでOpenGLを扱う際の環境構築の一部としてglpngを導入する必要があったのでメモ。 Cygwin 普段茨の道であるこいつは案外すんなりいった。 64bit版と共存できるので新規インストールを前提にします。 コンパイル済みライブラリを利用した導入手順 32bit版インストーラーを公式からダウンロードする 作業のしやすさと必要なもののために以下のパッケージをインストールする gcc-core gcc-g++ make libglut-devel libglut3 curl wget aria2 zsh git ここからglpngcygwin.zip (Cygwin用glpngコンパイル済みライブラリ)をダウンロードし、次のように配置する。 glpngcygwin/framework/glpng.h → /usr/include/w32api/GL glpngcygwin/framework/libglpng.a → /lib/w32api OpenGL本体が入っていない場合は先ほどのページの20番に従ってインストールする 終了 コンパイル ダウンロードしたzipに入ってるサンプル等をコンパイルして動作チェック gcc foo.c -I/usr/include/opengl -lglpng -lglut32 -lglu32 -lopengl32 以上で導入は完了 Mac(OSX El Capitan) 続いてmac、こいつは謎が多い。 frameworkによる導入 (前述サイト内のdmgを利用し)/Library/Frameworksにglpng.frameworkというフォルダをコピーする方法です。 手順としてはこれ1つのみで、コンパイル時にオプションを付けてリンクさせるはずがうまく行かない。 ちなみにMacにはシステムのGLUTとOpenGLが存在するのでglpngのみをインストールすればいいはず。 gccまたはclangのオプションにframeworkオプションを指定しますがglpngに関してはうまく読んでくれず。 % gcc -framework OpenGL -framework GLUT -framework Foundation -framework glpng foo.c # 略) ld: framework not found glpng clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation) 今度はインクルードしてほしいところを直接指定。ソース側は適宜変えているものとする。
Continue reading

Author's picture

nobuyo

student of nit

JS/Rails

Nagano, Japan