標準入力どうしのdiffはwebとローカルなどにも応用が利くことがわかったのでメモ。

次のようにwgetの結果を標準出力し、それを流用する。
手元にあるスクリプトとwebにあるオリジナルの差分を検出したい場合などに便利。

$ diff <(cat <FILE>) <(wget -q <URL> -O -)

上記方法はbashの場合のみのようだ。詳しくは下記参考URL参照。


参考:標準入力同士の diff (Qiita)