標準入力どうしのdiffはwebとローカルなどにも応用が利くことがわかったのでメモ。 次のようにwgetの結果を標準出力し、それを流用する。 手元にあるスクリプトとwebにあるオリジナルの差分を検出したい場合などに便利。 $ diff <(cat <FILE>) <(wget -q <URL> -O -) 上記方法はbashの場合のみのようだ。詳しくは下記参考URL参照。 参考:標準入力同士の diff (Qiita)
Continue reading

はじまり  キモオタ的には、生活の中でInstagramにアップされている画像をちょっと手に入れたいと言う場面に遭遇します。 ところがオシャレSNSであるところのInstagramは右クリックでは画像を保存させてくれません。 いちいちChromeの開発者ツールでたどっていくのもスマートではないので、先日読んだ「JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発技法」という本に触発されて、JavaScriptでクロールを試みることにしました。 結論  JS+Node.jsなんちゅうツールを使いこなすことができず、結果的にログイン&閲覧している状態から画像を取得するだけのブックマークレットに着地しました。無念。 cssセレクタをdocument.querySelectorAllで追いかける作戦です。 最新の画像が新しいタブで10件分開かれるブラクラ紛いの仕様なので、使い方に併せて変えたりする必要があると思います。 しかしながら手軽に画像本体にアクセスするという目的は曲がりなりにも果たされました。 挫折までの経緯  当初の構想としてはimgタグで埋め込まれている画像本体のURLを何らかの方法でスクレイピングし、localhostなどでそれらのアドレスを一覧表示するようなものがあれば面白いと思っていました。それらを実現するものとして考えていたのは、JSから利用できるライブラリであるPhantomJSというヘッドレスな(GUIを持たない)webブラウザとそれを扱うためのCasperJSというもの(+Node.js)です。formへの入力と送信ができるのでログインの必要なサービスをクロールできます。 ところが、いざInstagramへログインを試みると、うんともすんとも言いません。  そんなときに見つけたのは こちらのページ(StackOverflow) でした。 これによれば、Instagramのフォームがデータの変更を反映するのは、キーボードによる入力というイベントがあった時のみである、ということらしいです。このページの質問者がGitHubにPhamtomJSでのコードを公開しているので、それを利用してみましたがうまくいきませんでした。 もっと勉強が必要だと思いました、というメモ。
Continue reading

僕もパソコンに貼るギークなステッカーが欲しくなったので、RedBubbleで注文してみました。 いろんな人が自分のデザインを公開して、それをステッカーやスマホのケースなどにしてくれるサービスです。今回注文したものはどれもウェブサービスやフレームワークなんかのエンブレムなので「自分の」デザインかは定かではありませんが、国内ではこういうサービスがないようなので嬉しいですね。 1月26日に注文、翌々日に発送されて、2月17日に手元に着きました。 Paypalで支払ったので心配はしてませんでしたが、けっこう待ちました。 お値段は6枚と送料で1200円ほど。 ちなみに5枚以上注文すると半額になるみたいでした(元値は2ドルから3ドル)。 肝心のステッカーは思ったより大きくて、4センチくらいと書いてある”small”で注文してだいたい8センチ四方のものが届きました。 コーティングのない艶消しな質感の用紙に印刷されていて、白いフチが太いので他のステッカーといっしょに貼る時なんかに違和感を覚えるかもしれません。 僕は再剥離可能なフィルムに貼りなおしてThinkPadに貼る事にしました。 StickerMuleなど他のサービスに比べて送料は良心的だと思うので、時間とお金に余裕のある方は試してみてはいかがでしょうか(僕も周りの人間も、この程度なら自分で印刷したほうが早く手に入るという結論に落ち着きましたが)。 今度はslackのステッカーがほしいですね。
Continue reading

Author's picture

nobuyo

student of nit

JS/Rails

Nagano, Japan